有明(読み)ありあけ

  • 佐賀県

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

佐賀県南部、杵島(きしま)郡にあった旧町名(有明町(ちょう))。現在は白石町(しろいしちょう)の南部を占める地域。旧有明町は1962年(昭和37)町制施行。2005年(平成17)白石町、福富(ふくどみ)町と合併、白石町となる。旧町域は、有明海に面し、塩田(しおた)川左岸に位置する。JR長崎本線、国道207号、444号が通じる。北西方には、古代の歌垣で知られる杵島山が南北に連なる。その山並み南東部、塩田川河口近くの竜王崎(りゅうおうざき)には、海童神社と県史跡の古墳群がある。北部は開発が古く、古代の条里制遺構もみられたが、南東部には江戸時代以降、籠(こもり)、搦(からみ)名の干拓地が開かれた。前面の広大な国営有明干拓は1969年にいちおう完成した。米作とノリ養殖が主体で、タマネギ、蓮根(れんこん)などの特産もある。深井戸灌漑(かんがい)による地盤沈下があり、その対策事業が圃場(ほじょう)整備とともに進められ、2012年からは嘉瀬川(かせがわ)ダム(佐賀市)からの通水も始まった。杵島山中腹の稲佐神社(いなさ)は、県天然記念物の大クスの茂る古社で、雨乞(あまご)い祈願など、近郷農民の崇敬を集めている。民俗芸能「鉦浮立(かねぶりゅう)」が伝承される。[川崎 茂]
『『有明町史』(1969・有明町教育委員会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

有明の関連情報