武帝[南朝梁](読み)ぶてい[なんちょうりょう](英語表記)Wu-di; Wu-ti

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「武帝[南朝梁]」の解説

武帝[南朝梁]
ぶてい[なんちょうりょう]
Wu-di; Wu-ti

[生]大明8(464)
[]太清3(549)
中国,南朝のの第1代皇帝 (在位 502~549) 。姓名蕭衍 (しょうえん) 。字は叔達。諡は武皇帝。廟号は高祖。南斉の皇帝蕭氏の一族であるが,その家系は第二流。南斉の末期には一地方長官であったが,挙兵して成功,皇帝の位につき,梁王朝を建てた。治世は約 50年にわたるが,その政治の大勢は,天監7 (508) 年のいわゆる天監の改革の断行とその結果とに集約される。この改革で,士族だけを官吏とすることとし,貴族層 (士族中の上位のもの) の体質改善によって高級官吏層の有能化を意図した。しかし,この改革の反動として国政の乱れが表面化し,東魏の降将侯景反逆のなかで窮死した。当時最高の教養人であり,治世中,南朝文化の黄金時代を築いたといわれる。また仏教を深く信仰したので,名僧も輩出し,南朝仏教の最盛期を迎えた。しかし,寺塔の建立費用などで財政困難に陥り,国民に大きな負担をかけ,国力を衰退させる原因となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android