コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フラット フラット flat

翻訳|flat

9件 の用語解説(フラットの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

フラット(flat)

[名・形動]
平らであること。起伏がないこと。また、そのさま。平坦(へいたん)。「フラットな画面」「フラットな照明」
競走・競泳などで、記録に秒以下の端数がなくきっかりなこと。また、そのさま。「11秒フラットで走る」
音楽で、ある音を半音低くする記号。変記号。記号「♭」。⇔シャープ
主に英国における集合住宅で、同一階の数室を一家族が占めるようにしたもの。→メゾネット

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

フラット

変記号

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

岩石学辞典の解説

フラット

この語は鉱床では水平面の夾層,しばしば層理または節理によって形成された開口部(opening)を記述するのに用い,これに沿って鉱液が浸透しこの中に鉱石鉱物が結晶化する.この語は英国ではいくつかの地方的な用語で,(1) ほとんど水平な火成岩の岩床(sheet),(2) 急傾斜の地層を含む地域での,低い傾斜の石炭の薄層の広がりtract),(3) 鉱物脈から横への拡張で,しばしば石灰岩を交代している,などの意味で使われる[Lindren : 1928, Bateman : 1952].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サーフィン用語集の解説

ふらっと 【フラット Flat】

波が無い状態のこと。

出典|(株)デジサーフ、(株)セキノレーシングスポーツ
Copyright(c)2006 i92surf.com All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

フラット

NHKの子供向けテレビ番組『クインテット』(2003年放映開始)に登場するキャラクター

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

フラット【flat】

( 名 )
音楽で、ある音を半音低めることを示す変化記号。変記号。「♭」で表す。 ↔ シャープ
端数がないこと。主に競技の計時で用いる。 「一〇秒-」
共同住宅で、各住戸が同一階内で完結している形式。一戸が複数階にまたがるメゾネット形式に対して用いられる。
( 形動 )
平らであるさま。平板であるさま。 「 -な地形」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

フラット【flat】

共同住宅などで、一つの住戸が同一階内で完結している形式。またそのような住宅。一つの住戸が2階以上の層にまたがるメゾネットに対していう。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フラット
フラット

変記号」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フラット
ふらっと
flat英語
Beドイツ語
bmolフランス語
bemolleイタリア語

(へん)記号。五線記譜法で音を半音低めるときに用いられる変化記号の一つ。調号として用いられるときと、臨時記号として用いられるときがあり、記号は♭を用いる。[柴田典子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フラットの関連キーワード一・壱一・壱・壹逸・一・佚・溢・逸一再ざら車乗小雑色一、二、三─死一色町一本木

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フラットの関連情報