丹(漢字)

普及版 字通「丹(漢字)」の解説


常用漢字 4画

[字音] タン
[字訓] に・あか

[説文解字]
[甲骨文]
[金文]

[字形] 象形
丹井(たんせい)に丹(に)のある形。丹は朱砂の状態で出土し、深い井戸を掘って採取する。〔説文〕五下に「巴越の赤石なり。丹井にるに象る。丶は丹の形に象る」という。〔史記、貨殖伝〕に、蜀の寡婦の清が、丹穴を得て豪富をえたことをしるしている。〔書、禹貢〕に、州に丹を産することがみえる。金文の〔庚(こうえいゆう)〕に「丹一(かん)」を賜うことがみえ、聖器に塗るのに用いた。甲骨文の大版のものには、その刻字の中に丹朱を加えており、今も鮮明な色が残されている。〔抱朴子、仙薬〕には、丹を仙薬とする法をしるしている。丹には腐敗を防ぐ力があり、古く葬具にも用いられ、殷墓からは、器が腐敗し、その朱色が土に残された花土の類が出土する。

[訓義]
1. に、あか、あかくぬる。
2. まごころ。

[古辞書の訓]
〔和名抄〕丹 邇(に)〔名義抄〕丹 アカシ/渥丹 アツクツケタルニ/丹 ニヌリ・イロドル/牡丹フカミクサ 〔字鏡集〕丹 ニ・アカシ

[部首]
〔説文〕に(わく)・(とう)の二字を属する。(青)系統のものは、丹から派生した字。

[語系]
丹tan、旃()tjianは声近く、旃はいわゆる絳帛。軍門にこれを用い、また軍使に用いた。

[熟語]
丹堊・丹・丹帷丹羽・丹烏・丹雲丹楹・丹英・丹栄・丹穎丹掖・丹液・丹鉛・丹艶・丹霞・丹崖丹壑・丹干・丹丹款・丹巌・丹・丹旗丹曦・丹丘丹邱・丹魚・丹棘・丹経・丹丹闕・丹穴・丹血丹訣・丹瞼丹絃・丹甲・丹紅・丹虹・丹鴻・丹悃・丹懇・丹沙・丹砂・丹彩・丹剤・丹冊・丹芝・丹脂・丹・丹漆・丹室・丹赭・丹若・丹朱・丹書・丹詔・丹裳丹霄・丹心・丹忱・丹脣・丹寸・丹青・丹誠・丹井・丹赤・丹粟・丹台・丹・丹竹・丹柱・丹衷丹頂・丹・丹鼎・丹篆丹田・丹土・丹洞・丹毒・丹・丹筆・丹府・丹楓・丹粉・丹陛・丹碧・丹房・丹鳳・丹薬・丹葉・丹溜・丹侶・丹輪・丹・丹楼・丹
[下接語]
渥丹・霞丹・金丹・朱丹・神丹・青丹・赤丹・仙丹・飛丹・碧丹・服丹・牡丹・流丹・丹・錬丹

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android