高山[市](読み)たかやま

百科事典マイペディアの解説

高山[市]【たかやま】

岐阜県北部の市。1936年市制。飛騨地方のほぼ中央,宮川沿いの高山盆地にある中心市街は金森氏の城下町で,江戸後期は天領。すぐれた風光と碁盤目形の街路などから小京都といわれる。高山本線,東海北陸自動車道が通じ,木工業が盛んで,合板,家具などを産し,一位細工や飛騨春慶塗を特産。東部に新穂高温泉や平湯温泉をはじめとした奥飛騨温泉郷があり,乗鞍岳,白川郷などへの観光基地となっていて,4月と10月の年2回行われる高山祭は有名。飛騨国分寺の塔跡(史跡)と大イチョウ(天然記念物),陣屋跡(史跡),民家の日下部(くさかべ)邸など多くの史跡,文化財があり,朝市も有名。合併に伴い,市の面積は日本一となり,大阪府や香川県の面積をも上回った。2005年2月大野郡久々野町,丹生川村,清見村,荘川村,宮村,朝日村,高根村,吉城郡国府町,上宝村を編入。2177.61km2。9万2747人(2010)。
→関連項目春慶塗高山本線浜松[市]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たかやま【高山[市]】

岐阜県北部,高山盆地にある市。1936年市制。人口6万6139(1995)。古くは飛驒国府が置かれたといわれるが,金森長近が飛驒全域を支配して城下町を経営して以来,飛驒の政治・経済・交通の中心地となった。その後,幕府直轄地となって陣屋が置かれた。明治以後も高山県庁などが置かれ政治の中心であったが,1934年に高山本線が全通して産業が急速に発展し,周辺山地の森林資源を背景に家具,建具などの木工業が盛んになった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android