コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高山[市] たかやま

百科事典マイペディアの解説

高山[市]【たかやま】

岐阜県北部の市。1936年市制。飛騨地方のほぼ中央,宮川沿いの高山盆地にある中心市街は金森氏の城下町で,江戸後期は天領。すぐれた風光と碁盤目形の街路などから小京都といわれる。
→関連項目春慶塗高山本線浜松[市]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たかやま【高山[市]】

岐阜県北部,高山盆地にある市。1936年市制。人口6万6139(1995)。古くは飛驒国府が置かれたといわれるが,金森長近が飛驒全域を支配して城下町を経営して以来,飛驒の政治・経済・交通の中心地となった。その後,幕府直轄地となって陣屋が置かれた。明治以後も高山県庁などが置かれ政治の中心であったが,1934年に高山本線が全通して産業が急速に発展し,周辺山地の森林資源を背景に家具,建具などの木工業が盛んになった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

高山[市]の関連キーワード新穂高[温泉]平湯[温泉]高山祭