ちょっこり

精選版 日本国語大辞典「ちょっこり」の解説

ちょっこり

〘副〙 (「と」を伴って用いることもある)
① 小さくこぢんまりとまとまっているさまを表わす語。ちょっこと。〔かた言(1650)〕
② 動作が大げさでないさまを表わす語。手がるに。ちょっと。
※浄瑠璃・山崎与次兵衛寿の門松(1718)中「親ぢゃと思うて助言いふまいいふまい。又ちょっこりと歩であいいたそ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「ちょっこり」の解説

ちょっこり

[副]
ちょっと。ちょっくら。少しだけ。
「風呂敷包み―と、似合はぬ風の旅姿」〈浄・和田合戦〉
こぢんまりとまとまっているさま。ちんまり。
「何と―と、何処に置いても邪魔にならぬよい女房であらうがな」〈浄・伊賀越

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android