ちょっこり(読み)チョッコリ

デジタル大辞泉の解説

ちょっこり

[副]
ちょっと。ちょっくら。少しだけ。
「風呂敷包み―と、似合はぬ風の旅姿」〈浄・和田合戦〉
こぢんまりとまとまっているさま。ちんまり。
「何と―と、何処に置いても邪魔にならぬよい女房であらうがな」〈浄・伊賀越

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちょっこり

( 副 )
ほんのわずか。ちょっと。 「また-と歩であい致そ/浄瑠璃・寿の門松」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android