思想(学術雑誌)(読み)しそう

日本大百科全書(ニッポニカ)「思想(学術雑誌)」の解説

思想(学術雑誌)
しそう

1921年(大正10)10月1日、真善美に奉仕する労作を集録する目的で岩波書店より創刊された学術雑誌。28年(昭和3)一時休刊。翌年、和辻哲郎(わつじてつろう)、谷川徹三(てつぞう)、林達夫の編集により復刊、西田幾多郎(きたろう)、九鬼周造(くきしゅうぞう)、三木清、戸坂潤(じゅん)らの力作を掲載した。昭和10年代のファシズムに抗して「日本文化」「ヒューマニズム」を特集、新しい思潮にも深い関心を示した。第二次世界大戦後、岩波書店編集となったが、これらの伝統は守られている。

[京谷秀夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android