コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高山[町] こうやま

2件 の用語解説(高山[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

高山[町]【こうやま】

鹿児島県肝属(きもつき)郡,大隅半島中部の旧町。中心市街は中世肝付氏の城下町として発達。米,タバコのほか,ポンカンを多産。養豚,肉牛飼育も行われる志布志湾に面する波見(はみ)は中世の倭寇(わこう)の根拠地で,日南海岸国定公園に属する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

こうやま【高山[町]】

鹿児島県肝属(きもつき)郡の町。人口1万5161(1995)。大隅半島の中央に位置し,北東は志布志湾に臨む。町域のほとんどは国見山を中心とする肝属山地で,北西部にシラス台地と,肝属川および支流の高山川がつくる沖積平野が広がる。平安時代から戦国期末まで高山城を築いて島津氏に対抗した肝付氏本拠地として栄え,近世は薩摩藩の直轄地となって地頭が置かれた。志布志湾に面する波見は中世には倭寇(わこう)の拠点で,頭目の重氏は豪商として知られた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の高山[町]の言及

【八月踊】より

…一種の豊年踊である。鹿児島県肝属(きもつき)郡高山(こうやま)町の八月踊は,藺笠(いがさ)をかぶった男組とお高祖(こそ)頭巾をつけた女組が,太鼓,三味線,胡弓,拍子木などの囃子で《思案橋》《五尺》《花江まんじょ》などを踊る。奄美大島やその周辺の島々では旧暦8月の新節(あらせつ),柴挿(しばさし),嫩芽(どんが)の祭りや十五夜祭に,老若男女が円陣を組み男女の掛合歌で踊る。…

※「高山[町]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

高山[町]の関連キーワード肝付兼行大隅半島笠野原肝属川肝属山地鹿児島垂水きばいやんせ肝衝難波

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone