コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

擦れ擦れ スレスレ

デジタル大辞泉の解説

すれ‐すれ【擦れ擦れ】

[名・形動]
触れそうになるくらい近づいていること。また、そのさま。「床擦れ擦れの高さまで、水がきた」「水面擦れ擦れに飛ぶ鳥」
限界をもう少しで越えそうなこと。また、そのさま。「発車時間に擦れ擦れで間に合う」「合格点擦れ擦れだ」
人がいがみ合うさま。
「二人の間柄が―になると、細君の心は段々生家(さと)の方へ傾いて行った」〈漱石道草

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すれすれ【擦れ擦れ】

( 名 ・形動 )
二つの物がもう少しで触れ合うほど近いさま。 「海面-に飛行機が飛ぶ」
限度一杯であるさま。 「違反-の運転」 「定刻-に到着した」
気持ちが合わないさま。仲が悪いさま。 「御領分のせり合ひでお二人の親御様は-/浄瑠璃・妹背山」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

擦れ擦れの関連キーワード飛ぶ鳥妹背山

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android