コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

空海(1) くうかい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

空海(1) くうかい

774-835 平安時代前期の僧。
宝亀(ほうき)5年6月15日生まれ。真言宗の開祖。三筆のひとり。讃岐(さぬき)(香川県)の人。延暦(えんりゃく)23年唐(とう)(中国)にわたり,長安青竜寺の恵果から真言密教の秘法をうける。帰国後,高野山に金剛峰寺(こんごうぶじ)を,京都に教王護国寺(東寺)をひらき,綜芸(しゅげい)種智院をもうける。後世その生涯にまつわるおおくの説話,伝説がうみだされ,庶民信仰の対象となった。承和(じょうわ)2年3月21日死去。62歳。俗姓は佐伯。幼名は真魚。諡号(しごう)は弘法大師。著作に「三教指帰(さんごうしいき)」「性霊(しょうりょう)集」など。
【格言など】生れ生れて生の始めに暗く,死に死に死に死んで死の終りに冥(くら)し(「秘蔵宝鑰(ほうやく)」)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

空海(1)の関連キーワード空海真言宗空海真境真際空海空海空海空海国中公麻呂

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

空海(1)の関連情報