コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

否や イナヤ

3件 の用語解説(否やの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いな‐や【否や】

[名]《名詞「いな」に係助詞「や」の付いた「健在なりや否や」などの「否や」の一語化》
不承知。異議。「この段階になれば否やはない」
承知か不承知かということ。諾否。「否やの返事を聞く」
[副]「…やいなや」「…がいなや」などの形で用いる。
…とすぐに。…と同時に。「かばんを置くや否や、外に飛び出した」
問いかけの意を表す。…かどうか。どうだろうか。「頼みの雨は降るや否や
[感]《「や」は間投助詞》
拒否の気持ちを表すのに用いる語。いやいや。いやもう。
「思へども思はずとのみ言ふなれば―思はじ思ふかひなし」〈古今・雑体〉
驚き、嘆きの気持ちを表すのに用いる語。いやこれは。これはこれは。
「―、ここに男のけはひこそすれ」〈狭衣・三〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

いなや【否や】

( 名 )
の用法の転〕
不承知。異議。 「今さら-は言わせない」
諾否。 「 -を問う」
( 感 )
拒否や否定の気持ちを表す語。いやいや。 「思へども思はずとのみ言ふなれば-思はじ思ふかひなし/古今 雑体
意外な事態に驚いて、受け入れ難い気持ちで発する語。これはどうしたことだ。何とまあ。 「 -、かくは思はざりつ/今昔 23

いなや【否や】

( 連語 )

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

否やの関連キーワードもや今日たざあたあ何ぞなんざあ並立助詞もがよりか言っぱ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

否やの関連情報