コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

民主党[ラトビア](読み)みんしゅとう[ラトビア](英語表記)Demokrátiská Partija Saimnieks

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

民主党[ラトビア]
みんしゅとう[ラトビア]
Demokrátiská Partija Saimnieks

ラトビアの政党。第2次世界大戦前の民主中央党が 1992年にセイムニークスとして再結成され,93年6月の国会選挙で初めて議席を獲得。 94年民主党と改称。自由経済とリベラルで穏健な国家運営を目指している。 95年9月の国会選挙では2倍以上に議席数を伸ばして第1党に躍進。ジエドニス・セベルス党首を中心に組閣交渉を行うが失敗,同年 12月に成立した無所属のアンドリス・シケレを首相とする保守大連立内閣に参加。 96年7月には共和党を吸収するほか人民調和党から2閣僚を引入れて勢力を拡大。しかし,同年9月に選挙資金疑惑でアイバール・クレイツス経済相を除党処分し,次期大統領選挙の有力候補であったクレイツス夫人も離党したため勢力を大きく後退させた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オヤカク

企業が採用内定者である学生に対して、「親が入社を承諾しているか」を確認する行為、または、内定学生の親に直接、入社承諾の確認をする行為のこと。「親に確認する」の略語。親が反対しているという理由で内定を辞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android