説(漢字)

普及版 字通「説(漢字)」の解説


常用漢字 14画

(旧字)
14画

[字音] セツ・ゼイ・エツ・ダツ
[字訓] とく・よろこぶ

[説文解字]

[字形] 形声
声符は兌(えつ)。兌は巫祝(兄)が神に祈り、神意を承けての状態にある意で、の形は神気の降る意。(悦)(えつ)・(脱)(だつ)と声義の通ずるところがある。〔説文〕三上に「き釋(と)くなり」とし、「一に曰く、談するなり」というが、普通の談説のことではない。〔周礼、春官、大祝〕の「六」の一に「」があり、神に祈り、神意を承けることをいう。「説(ゆる)す」「説(よろこ)ぶ」の訓があり、(税)・と通ずる。

[訓義]
1. とく、神につげいのる。
2. のべる、あげつらう。
3. さとす、おしえる。
4. ときあかす、ときほぐす。
5. 悦と通じ、よろこぶ、神意がとける、うちとける、たのしむ。
6. 税と通じ、おく、とりさる、やどる。

[古辞書の訓]
〔名義抄〕 トク・ノリ・ヨロコブ・イフ・アラハス・ヤドル・ツグ・コシラフ・ヤシナフ・カス・ヌク・ハヅス・ツギメ・カズ/勦 サカシラ

[語系]
jiuat、豫(予)jia、懌jyakは声近く、豫・懌にも悦ぶ意がある。・蛻thuatには脱去の意があり、また奪・duatも脱して他に移ることをいう。兌duatに虚脱の意があり、すべてその系統の語である。

[熟語]
説懌・説懐・説喜・説頌・説色・説沢・説服・説予・説楽・説客・説士・説難・説引・説卦・説解・説起・説鬼・説義・説教・説経・説言・説口・説史・説辞・説者・説述・説書・説咲・説親・説談・説道・説法・説夢・説約・説諭・説理・説鈴説話・説剣・説載・説驂
[下接語]
異説一説・演説・燕説・往説・横説・臆説・仮説・家説・怪説・解説・概説・学説・姦説・管説・関説・奇説・説・却説・逆説・旧説・休説・虚説・曲説・愚説・空説・経説・言説・胡説・瞽説・語説・口説・巧説・説・高説・講説・再説・細説・錯説・雑説・私説・自説・持説・辞説・実説・遮説・邪説・衆説・所説・緒説・諸説・序説・絮説・舒説・小説・称説・詳説・申説・新説図説・成説・前説・善説・総説・俗説・紿説・卓説・談説・馳説・珍説・椿説・通説・定説・騁説・伝説・駁説・秘説・説・浮説・風説・諷説・仏説・聞説・辟説・僻説・別説・弁説・妙説・妄説・約説・幽説・遊説・要説・邀説・濫説・力説・略説・流説・縷説・論説

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android