しょっちゅう(読み)ショッチュウ

大辞林 第三版の解説

しょっちゅう

( 副 )
〔「初中後」の転か〕
ある物事が絶えず繰り返されるさま。いつも。常に。始終。 「 -けんかをしている」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しょっ‐ちゅう

〘副〙 (「しょちゅう(初中)」の変化した語か) 始終。いつも。常に。絶えず。しょちゅう。
※洒落本・辰巳婦言(1798)宵立の部「今年は初中(ショッチウ)ひっこんだから、さっぱり出入はできねへ」
※波(1928)〈山本有三〉子「それに初中(ショッチュウ)外を出歩いてばかりゐるんですから」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

しょっちゅうの関連情報