ジョンソン(読み)じょんそん(英語表記)Lyndon Baines Johnson

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジョンソン(Lyndon Baines Johnson)
じょんそん
Lyndon Baines Johnson
(1908―1973)

アメリカ合衆国第36代大統領(在任1963~1969)。テキサス州南西部の田舎(いなか)に貧しい地方政治家の長男として生まれ、「アメリカの夢」を信じて育った。州立の教育大学を出て、教職、下院議員秘書などを経て、1937年民主党員として同州から下院議員に当選(6期)、大統領ルーズベルトのニューディール政策に協力した。1948年連邦上院議員に当選、1954年再選された。政治家としての天分が下院議長サム・レイバーンらによって磨かれ、1953年には史上最年少の党院内総務となり、議会を操縦した。1960年の党大会でジョン・F・ケネディと大統領候補を争って敗れたが、副大統領候補となり、南部諸州の支持を固めて、ケネディ政権誕生を可能にした。1963年11月、ケネディの暗殺により大統領に昇格、国民の共感をバックに巧みな政治力の行使で、公民権法など多くの進歩的政策を実現し、さらに「貧困との戦争」を柱に広範な社会福祉政策に基づく「偉大な社会」の実現を唱えた。対外的にもハト派の政策を主張し、1964年の選挙には共和党保守派のゴールドウォーター候補を大差で破ったが、その慢心からベトナム戦争を反共の聖戦として軍事介入を強めた。外交の未経験に加えて、国内政治流の秘密主義を戦争遂行に持ち込んだため、国民の不信を買い、人種対立、ドルの低落と相まって国内危機を招いたため、1968年3月、任期満了後の引退を声明した。[袖井林二郎]
『ニューヨーク・タイムズ編、杉辺利英訳『ベトナム秘密報告』上下(1972・サイマル出版会) ▽デイビッド・ハルバースタム著、浅野輔訳『ベスト&ブライテスト』全3巻(1976・サイマル出版会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ダイバーシティ

ダイバーシティとは、多様な人材を積極的に活用しようという考え方のこと。 もとは、社会的マイノリティの就業機会拡大を意図して使われることが多かったが、現在は性別や人種の違いに限らず、年齢、性格、学歴、価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ジョンソンの関連情報