常楽寺(滋賀県)(読み)じょうらくじ

日本大百科全書(ニッポニカ)「常楽寺(滋賀県)」の解説

常楽寺(滋賀県)
じょうらくじ

滋賀県湖南(こなん)市西寺(にしてら)にある天台宗の寺。山号は阿星山(あせいざん)。本尊は千手観世音菩薩(せんじゅかんぜおんぼさつ)。聖武(しょうむ)天皇の紫香楽宮(しがらきのみや)の背後に位置し、和銅(わどう)年中(708~715)金蕭(こんしょう)菩薩(または良弁(ろうべん))が開創した阿星山三千(または五千)坊の随一と伝える。同市にある長寿寺(東寺(ひがしでら))に対して西寺(にしでら)と称する。元明(げんめい)・聖武・桓武(かんむ)天皇などの御願寺(ごがんじ)で、藤原、橘(たちばな)、源氏、平氏、佐々木、足利(あしかが)、織田(おだ)など各氏の信仰を得た。本堂(国宝)は1360年(正平15・延文5)観慶によって建てられ、室町時代の和様本堂の代表的遺構の一つである。三重塔(国宝)は1400年(応永7)の竣工(しゅんこう)。寺宝に千手観世音菩薩坐像、二十八部衆立像、釈迦如来(しゃかにょらい)像、絹本着色浄土曼荼羅(じょうどまんだら)などの国指定重要文化財がある。

[田村晃祐]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

NATO

北大西洋条約機構North Atlantic Treaty Organizationの略称。冷戦が激化した1949年に調印された北大西洋条約に基づき設立された自由陣営最大の国際軍事機構。加盟国中の一国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android