温泉[町](読み)おんせん

百科事典マイペディアの解説

温泉[町]【おんせん】

兵庫県北部,美方(みかた)郡の旧町。国道9号線が通じる主集落は春木川に沿う湯村温泉(単純泉,57〜97℃)で,温泉熱利用の促成栽培,鶏卵の孵化(ふか),コイ養殖を行い,荒湯豆腐を産する。野菜・果樹の栽培,園芸も行う。周辺部ではナシ栽培,但馬(たじま)牛飼育が盛ん。灘地方へ杜氏として出稼(でかせぎ)する者も多い。扇ノ山(おうぎのせん)などのスキー場がある。2005年10月美方郡浜坂町と合併し町制,美方郡新温泉町となる。138.02km2。7461人(2003)。
→関連項目氷ノ山後山那岐山国定公園

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おんせん【温泉[町]】

兵庫県北西部,鳥取県に接する美方(みかた)郡の町。人口7802(1995)。南部の扇ノ山から発する岸田川の上・中流域を占め,標高1000mをこえる山地に囲まれる。岸田川支流の春来川沿いの中心地湯にある湯村温泉は,平安時代の発見といわれる山陰東部の名湯で,春来川沿いの源泉は荒湯と呼ばれ,95~98℃の熱湯が多量に湧出し,煮炊きや洗濯に使われている。旅館や民宿,保養所が多い。国道9号線の整備もあってスキー場や県立但馬牧場公園など,南部の高原地域を訪れる人も増えている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の温泉[町]の言及

【温泉荘】より

…但馬国二方郡(現,兵庫県美方郡温泉町)の荘園。この地はもと国領温泉郷で,その本領主は平季盛であったが,1139年(保延5)子の季広が跡を継ぎ,これを法橋聖顕に寄進した。…

※「温泉[町]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android