コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤[村] あか

1件 の用語解説(赤[村]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

あか【赤[村]】

福岡県北東部,田川郡の村。人口3726(1995)。周囲を丘陵に囲まれ,英彦(ひこ)山から北流する今川に沿って小盆地が開ける。今川は村境を東折して周防灘に注ぐ。郡内で炭鉱のなかった唯一の村であるが,炭鉱への通勤者が多かったので石炭不況に際し離職者が多発し,深刻な打撃を受けた。そのため工業団地を造成して男子の雇用機会確保に努めている。産業の基盤は農業で,米作のほか野菜栽培が中心である。山林が村域の約7割を占め,良質の杉を産する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

赤[村]の関連キーワード須走田川宇陀尾花沢御殿場裾野東海那須豊前宗像

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone