コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

群(数学) ぐん

百科事典マイペディアの解説

群(数学)【ぐん】

集合Gの要素の間に一つの演算・(加法,乗法その他)が定義され,Gの任意の2要素をa,bとするとき,1.a・bはGに属し,2.結合法則(a・b)・c=a・(b・c)が成立,3.任意のaに対しa・e=e・a=aとなる要素e(単位元)がただ一つ存在する。
→関連項目ガロア空間群結合法則抽象代数学点群

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

群(数学)の関連キーワード環(数学)

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android