プチ(英語表記)Petit, Roland

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「プチ」の解説

プチ
Petit, Roland

[生]1924.1.13. フランス,ビルモンブル
[]2011.7.10. スイス,ジュネーブ
フランスの舞踊家,振付家。パリ・オペラ座バレエ学校を卒業後,パリ・オペラ座バレエ団のダンサーとして活躍していたが,1944年にジャン・コクトーらの援助を受けて独立した。1945年バレエ・デ・シャンゼリゼを創設,プリンシパル兼メートル・ド・バレエ兼振付家として活躍した。この時期の代表作は『若者と死』Le Jeune Homme et la mort(1946)。1948年ローラン・プチ・バレエ団(バレエ・ド・パリ・ド・ローラン・プチ)を創設し,妻でバレリーナのジジ・ジャンメールとともに『夜の貴婦人達』Les Demoiselles de la nuit(1948),『カルメン』Carmen(1949),『ダイヤモンドを喰う女』La Croqueuse de diamants(1950)を発表。リアリズムとアブストラクトを巧みに統合させる才能は抜群で,現代フランスを代表する振付家の一人として「バレエの魔術師」といわれた。また,サドラーズ・ウェルズ・バレエ団(→ロイヤル・バレエ団)やデンマーク王立バレエ団などでみずからの作品を監督した。1973~98年マルセイユ・バレエ団の芸術監督を務めた。ほかに,『ノートル=ダム・ド・パリ』Notre-Dame de Paris(1965),『プルースト~失われた時を求めて』Proust ou les intermittences du coeur(1974),『マ・パヴロヴァ』Ma Pavlova(1986)など。1974年レジオン・ドヌール勲章を授与された。

プチ
Petit, Alexis Thérèse

[生]1791.10.2. ブズール
[没]1820.6.21. パリ
フランスの物理学者。 16歳でパリのエコール・ポリテクニクに入学するという天才ぶりを発揮。卒業と同時に同校助手となり (1809) ,1811年学位取得。同校物理学教授 (15) 。学術振興協会会員 (18) 。 P.デュロンとの協同研究による温度測定と冷却の研究によって,18年パリ科学アカデミーから表彰されたが,2年後結核で病没。特に有名なのは,デュロン=プチの法則として知られる,固体の原子比熱は種類によらず一定,という法則の定式化 (19) である。また熱素説の否定,光の波動説の積極的支持によっても当時としては先進的な働きをした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「プチ」の解説

プチ

〘名〙 (形動) (petit) 小さいこと。小さくて可愛らしいこと。ちょっとしたこと。また、そのさま。多く他の名詞に付いて複合語を作る。「プチトマト」「プチ家出」 〔モダン語辞典(1930)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「プチ」の解説

プチ(〈フランス〉petit)

多く複合語の形で用い、小さい、小型の、小規模な、などのを表す。「プチネックレス」「プチブル」「プチ整形」
[類語]少し少ない少しく少少ちょっとちょいとちとちっとちょっぴりいささかいくらかいくぶんやや心持ち気持ち多少若干二三少数少量僅僅わずか数えるほどたったただたかだかしばらくなけなしささやか一抹心ばかり印ばかり形ばかり低い手薄少なめ内輪軽少軽微微弱微微微少僅少些少最少微量ちびちび一つまみ一握り一抹一息紙一重雀の涙鼻の差残り少ないちょこっとちょこんとちょっこりちょびちょびちょびっとちょぼちょぼちょろりちょんびりちょんぼりちらり爪の垢小口ささやか寸毫

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「プチ」の解説

プチ

プティ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android