コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルイ[17世] ルイ

2件 の用語解説(ルイ[17世]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ルイ[17世]【ルイ】

フランス国王ルイ16世の子。フランス革命勃発(ぼっぱつ)後,父王とともに捕らえられ,父王処刑後は反革命派により国王に指名された(非公認)。国民公会の命令で山岳派の靴屋の手にゆだねられ,監視と虐待のうちに病死。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ルイ[17世]【Louis XVII】

1785‐1795
フランス国王ルイ16世マリー・アントアネットの次男。長男の死に伴い王太子となる(1789年6月4日)。フランス革命の過程で,1791年国王のバレンヌ逃亡事件ののち,王家の一員として旧タンプル修道院に幽閉された。93年1月21日,ルイ16世の処刑とともに,亡命中の王弟プロバンス伯(のちのルイ18世)は,王太子ルイを国王ルイ17世と宣言し,自ら摂政と称した。以後王党派の伝統ではこれをもって即位とするが,共和派の立場からはすでに1792年9月21日王政は廃止されているから国王とは認められていない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ルイ[17世]の関連キーワードスペイン継承戦争フィリップフレンチフランソワマリーアントワネットサンルイジデイフランチェージ教会ブルボン王朝ルブルック

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone