コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

核(生物) かく

百科事典マイペディアの解説

核(生物)【かく】

細胞の原形質内に存在し,細胞の活動を統制し,増殖遺伝に中心的な役割を果たす小体。ただし,細菌ラン藻などの原核生物は核をもたず,DNAは核様体として細胞質中に散在する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

核(生物)の関連キーワードレトロトランスポゾントランスファーRNAペルオキシソームチェックポイントサテライトDNAナリジキシン酸ユーカリオート酸化的燐酸化チューブリンシグナル配列翻訳開始因子大量破壊兵器コーンバーグ細胞内共生説体細胞分裂クロマチンイントロンヒストン有糸分裂原生生物

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

核(生物)の関連情報