真(漢字)

普及版 字通「真(漢字)」の解説


常用漢字 10画

(旧字)眞
人名用漢字 10画

[字音] シン
[字訓] まこと

[説文解字]
[その他]

[字形] 会意
旧字は眞に作り、(か)+県(けん)。(化)の初文で死者。県は首の倒形で倒懸の象。死(てんし)の人をいう。〔説文〕八上に「人なり。形を變へて天に登るなり」とし、八は乗物、これに乗じて天に登る意とするが、当時の神仙説によって説くものにすぎない。死者は霊威の最も恐るべきもので、慎んでこれをめて(しず)め、これを中に(お)き、その瞋(いか)りを安んじ、玉を以て呪霊を塡塞(てんそく)するをという。眞に従う字は、みなその声義をとる字である。〔荘子、秋水〕に「其の眞に反る」、〔荘子、大宗師〕に「眞人りて、而る後に眞知り」など、絶対の死を経て真宰の世界に入るとする思弁法があって、真には重要な理念としての意味が与えられるようになった。

[訓義]
1. まこと、不変なもの、永遠なもの、真の実在。
2. うまれつき、たましい、ありのまま。
3. みち、もと、存在。
4. 真人、成道の人。
5. まことに、げに。

[古辞書の訓]
名義抄〕眞 マコト・オホシ・ヒトリサカヅキ〔字鏡集〕眞 サネ・マコトニ・マフ・マコト・ヒジリ・オホシ・ツカツキ

[声系]
〔説文〕に眞声として・嗔・・瞋・・愼(慎)・塡・鎭(鎮)など、二十字を収める。おおむね死者の呪霊と、その呪鎮の方法に関する字である。

[語系]
眞tjien、嗔・瞋thjienは声義近く、嗔・瞋はともに死者の怒りをいう。tyen、塡・dyen、thyenも、みな眞の声義を承ける字である。

[熟語]
真意・真一・真隠・真宇・真仮・真価・真・真我・真界・真解・真愨・真官真贋・真帰・真偽・真義・真居・真経・真境・真愚・真空・真君・真形・真契・真景・真訣・真玄・真箇・真個・真吾・真悟真紅・真宰・真子・真摯・真似・真事・真実・真趣・真儒・真醇・真書・真賞真情・真心・真人・真粋・真是・真成・真正・真性・真誠・真跡・真蹟・真節・真・真仙・真筌・真践・真素・真相・真想・真贓・真率・真体・真態・真宅・真知真智・真諦・真的・真犯・真筆・真物・真味・真命・真腴・真容・真理・真霊
[下接語]
鑒真・帰真・求真・見真・玄真・失真・写真・守真・淑真・純真・淳真・乗真・正真・精真・蔵真・知真・沖真・貞真・天真・伝真・道真・任真・迫真真・保真・抱真・朋真・本真・妄真・養真・留真

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android