コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茨城[町] いばらき

百科事典マイペディアの解説

茨城[町]【いばらき】

茨城県中部,東茨城郡の町。常陸(ひたち)台地中部を占め,東部に涸沼(ひぬま)がある。水戸街道(国道6号線)沿いの小鶴,奥谷(おくのや)に市街が発達。米作,園芸,養蚕,果樹栽培の多角経営,金属,輸送機などの製造が行われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いばらき【茨城[町]】

茨城県中央部,東茨城郡の町。人口3万5741(1995)。水戸市の南に接し,東茨城台地の一角を占める。町域の東に涸沼(ひぬま)があり,中央を東西に涸沼川が流れる。長岡,小幡は江戸時代は水戸街道の宿場町で,涸沼川沿いの海老沢には河岸が置かれ,東北諸藩の江戸廻米を陸揚げして下吉影まで駄送する内川廻りの要地であった。宝永年間(1704‐11)に松波勘十郎によって巴川と結ぶ紅葉運河が掘られたが,難工事のため失敗した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

茨城[町]の関連キーワード常陸台地ひたち常陸

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

茨城[町]の関連情報