軍制[古代ローマ](読み)ぐんせい[こだいローマ]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

軍制[古代ローマ]
ぐんせい[こだいローマ]

王政,貴族政期のローマでは,パトリキ (貴族) の占める騎兵が主力であったが,前5世紀頃にはプレプス (平民) から成る重装歩兵密集隊が重要な機能を果すにいたり,兵制も整備され,土地,財産の大小に応じて級別を定め,市民の義務,参政権と関連づけた。兵員会を部隊 (ケンツリア ) 単位で構成し,監察官 (ケンソル ) が査閲を行なった。ローマの発展に伴い,兵役も長期化し,手当も与えられるようになった。前3世紀には4軍団,騎兵 300人,歩兵 4200人,ほかに同盟市提供兵があった。全指揮権は執政官 (コンスル ) が掌握した。土地所有農民の没落によって財産を基準とする兵制の維持が困難となり,私兵化,傭兵化の傾向をもった。帝政期には志願による職業的な常備軍が成立し,次第に軍団のある地域から徴集され,土着性を強めるとともに,各軍団が皇帝権と結びつき,軍人皇帝を輩出させる因となった。また前2年に設置された近衛軍は直接皇帝と結びついて,しばしば帝位に介入するにいたった。また異民族の侵入により,正規軍にゲルマン人が増加,主力を占めるようになった。 (→武装と武具)  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

はやぶさ2

JAXA(ジャクサ)(宇宙航空研究開発機構)による小惑星探査機、および探査計画の名称。平成17年(2005)に小惑星イトカワに到達しサンプル採取に成功したはやぶさの同型機により、地球近傍小惑星のアポロ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android