コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルイ[12世] ルイ

百科事典マイペディアの解説

ルイ[12世]【ルイ】

フランス国王(在位1498年―1515年)。シャルル・ドルレアンの子。従兄シャルル8世の後を継ぎ,たびかさなるイタリア戦争は失敗したが,法制の整備や税の軽減により経済的繁栄をもたらし,学芸を保護してフランス・ルネサンスを開花させ,〈国民の父〉と称された。
→関連項目フランソア[1世]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ルイ[12世]【Louis XII】

1462‐1515
フランス国王。在位1498‐1515年。百年戦争中にアルマニャック派の中心人物として活躍したオルレアン公シャルルの子。1488年,国王シャルル8世に対する諸侯の反乱に加わり投獄されたが,のちに和解。98年シャルル8世が後継者なく没したため,傍系のオルレアン家からルイ12世として即位した。シャルル8世の後を継いで行ったイタリア戦争では,一時北イタリアのミラノ公国を占領したのもつかのま,ノバラの戦(1513)においてハプスブルク家を中心とするフランスに対する連合軍に敗れ,退却した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のルイ[12世]の言及

【ナポリ王国】より

… 15世紀末からフランスがアンジュー家以来の権利を主張してナポリを支配しようとした。シャルル8世の遠征(1494‐95)に続いて,ルイ12世は1501年にナポリへ侵入し王国を手中に収めたが,介入したスペイン軍によってわずか3年でナポリを追われた。1504年にスペイン,フランス両国間で妥協が成立し,スペインのフェルナンド2世がナポリ王に即位した。…

※「ルイ[12世]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ルイ[12世]の関連キーワードポライウオロ[兄弟]士禍ブロアルイ12世バロア朝明応の地震ルイ(12世)ルネサンス史(年表)ウィーン少年合唱団今切

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android