ルイ

百科事典マイペディア 「ルイ」の意味・わかりやすい解説

ルイ[14世]【ルイ】

フランス国王(在位1643年―1715年)。ルイ13世の子。幼少で王位につき,母后アンヌ・ドートリシュが摂政をつとめ,マザランが政権を担当。フロンドの乱の混乱を経て,1661年マザランが没して以後親政。コルベールを重用して重商主義政策を推進し,ルテリエルーボアの指導下に強力な常備軍をつくり,フランスをヨーロッパ一の陸軍国とした。また官僚制を強化して中央集権的絶対主義国家の形成に成功。〈朕は国家なり〉という名高い句はルイ14世に帰されているが,その威光は全ヨーロッパに輝いて〈太陽王〉と呼ばれ,絶対君主典型とされた。英国,オランダと国際政治・国際経済の主導権を争い,4次にわたり大規模な絶対主義戦争を繰り返したが,国民は重税と経済的不況にあえぎ,治世末年は重苦しい空気に包まれ,批判勢力も台頭した。1685年のナントの王令廃止により,ユグノー信教の自由を奪い,王権を批判するものを激しく弾圧した。王の親政期は古典主義文化の最盛期に当たり,モリエールラシーヌをはじめ多くの芸術家が輩出した。
→関連項目アウグスト[2世]アカデミー・デ・シアンスアンバリッドオペラ座オランダ戦争軍楽隊サン・シモンジャコバイトスペイン継承戦争絶対王政ドラランドトルココーヒーバレエピレネー条約ファルツ戦争フェリペ[5世]フランスフランドル戦争ブルボン[家]ベシャメルソースベルサイユ宮殿ボーバンマロ[父子]マンサールミディ運河メヌエットユトレヒト条約リュリルイ[15世]ル・ノートルル・ボー

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

タコノキ

タコノキ科の常緑高木。小笠原諸島に特産する。幹は直立して太い枝をまばらに斜上し,下部には多数の太い気根がある。葉は幹の頂上に密生し,長さ1〜2m,幅約7cmで,先は細くとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)...

タコノキの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android