コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルイ[15世] ルイ

2件 の用語解説(ルイ[15世]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ルイ[15世]【ルイ】

フランス国王(在位1715年―1774年)。ルイ14世の曾孫。オルレアンフィリップの摂政政治に始まったその治世は,経済的には好況が続いたが,七年戦争等に巻き込まれて多くの植民地を失い,国庫は枯渇し,絶対王政の内部的崩壊が準備された。
→関連項目カンプラポンパドゥール夫人ルイ[16世]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ルイ[15世]【Louis XV】

1710‐74
フランス国王。在位1715‐74年。ブルゴーニュ公ルイの子で,ルイ14世の曾孫に当たる。未成年時代はオルレアン公フィリップが1723年まで摂政として政治を行った(〈摂政時代〉)。この期間には,前代のルイ14世時代の反動で名門貴族の国務会議への復帰がみられたが,〈多元会議制(ポリシノディ)〉と呼ばれるこの政治体制はうまく機能しなかった。ルイ14世ほど勤勉ではなかったルイ15世は,親政に入っても政務を大臣にゆだねることが多く,ポンパドゥール夫人やデュバリ夫人など寵妃の政治への口出しも許したが,老政治家フルリーが宰相であった治世の前半は,内外とも比較的平穏を保ち,経済も26年の抜本的な通貨安定策により順調な発展をみせた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ルイ[15世]の関連キーワードフィリップフランス領ギアナフレンチ自由フランスフランス窓フランソワユーグカペールイフィリップフランス刺繍ルブルック

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone