コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上下・裃 かみしも

大辞林 第三版の解説

かみしも【上下・裃】

[1]
かみと下しも。特に、舞台・川・身分など上と下のあるものの両方。 「ありとある-、わらはまでゑひしれて/土左」
いろいろの事。諸事。 「 -の事ども取沙汰すべき由承りて仕うまつり/今鏡 御子たち
[0]
上衣と袴が共布でひとそろいの衣服。直垂ひたたれ・素襖すおうなど。 「浅黄の-着たる翁の/宇治拾遺 12
(普通「裃」と書く)肩衣かたぎぬと袴を組み合わせたもの。肩衣は前代のものより肩幅が広くなり、前に襞ひだを取り、襟は重ねないで羽織る。江戸時代、武士の公服、庶民の礼服として用いた。上下じようげが共布の長上下なががみしも・半上下はんかみしもと別布の継ぎ上下がある。
[句項目] 裃を着る 裃を脱ぐ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android