コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

元より・固より・素より もとより

大辞林 第三版の解説

もとより【元より・固より・素より】

( 副 )
(初めからの意)
そうであることについて、なんら疑いをさしはさむ余地がないさま。いうまでもなく。 「失敗は-覚悟していた」 「罪は-ぼくにある」
(多く「…はもとより…も(まで)」の形で)あるものを挙げてそれより可能性の低い別のものもそうであると判断する意を表す。 「あの歌手は歌は-演技もうまい」
昔から。初めから。以前から。 「後涼殿に-さぶらひ給ふ更衣の曹司を他に移させ給ひて/源氏 桐壺
もともと。元来。 「ふなぎみの病者-こちごちしき人にて/土左」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android