コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山田[市] やまだ

百科事典マイペディアの解説

山田[市]【やまだ】

福岡県中部の旧市。1954年市制。遠賀川上流部のゆるやかな丘陵地を占める。中心市街は上山田下山田の2地区に分かれ,筑豊炭田南端の炭鉱町として発達,1900年山田線の開通により飛躍的に発展したが,1950年代末からの合理化により炭鉱の閉山が相次ぎ,人口も急減し,1995年現在の人口は最盛期の3分の1にも満たない。炭鉱閉山後は果樹園化や工場誘致が進められ,近年はブドウ・プラム栽培やゴム工業,窯業などが行われる。1988年上山田線は廃止された。2006年3月,嘉穂郡稲築町,碓井町,嘉穂町と合併し市制,嘉麻市となる。22.05km2。1万1784人(2003)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

やまだ【山田[市]】

福岡県中部の市。1954年市制。人口1万2680(1995)。筑豊南端の炭鉱業で発達した市。遠賀川の最上流域で,標高100~200mの炭層を含む第三紀層の丘陵が広く分布し,中央を北西流する山田川の浅い谷に細長い市街が立地する。明治中期まで人口約1400の寒村であった。1894年,日清戦争を契機に古河鉱業(現,古河機械金属),続いて三菱鉱業の両大手炭鉱が開かれてから急激に発展し,鉄道(上山田線)も98年に下山田,1903年に上山田まで通じた(1988廃止)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

山田[市]の関連キーワード嘉麻市

今日のキーワード

ICT

情報・通信に関する技術の総称。従来から使われている「IT(Information Technology)」に代わる言葉として使われている。海外では、ITよりICTのほうが一般的である。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android