コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山田[市] やまだ

百科事典マイペディアの解説

山田[市]【やまだ】

福岡県中部の旧市。1954年市制。遠賀川上流部のゆるやかな丘陵地を占める。中心市街は上山田下山田の2地区に分かれ,筑豊炭田南端の炭鉱町として発達,1900年山田線の開通により飛躍的に発展したが,1950年代末からの合理化により炭鉱の閉山が相次ぎ,人口も急減し,1995年現在の人口は最盛期の3分の1にも満たない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

やまだ【山田[市]】

福岡県中部の市。1954年市制。人口1万2680(1995)。筑豊南端の炭鉱業で発達した市。遠賀川の最上流域で,標高100~200mの炭層を含む第三紀層の丘陵が広く分布し,中央を北西流する山田川の浅い谷に細長い市街が立地する。明治中期まで人口約1400の寒村であった。1894年,日清戦争を契機に古河鉱業(現,古河機械金属),続いて三菱鉱業の両大手炭鉱が開かれてから急激に発展し,鉄道(上山田線)も98年に下山田,1903年に上山田まで通じた(1988廃止)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

山田[市]の関連キーワード斎藤寅次郎マキノ雅広世界のおもなアカデミートルンカ新藤兼人溝口健二石井桃子オータン・ララ川島雄三国民保養温泉

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android