コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ちんけ チンケ

デジタル大辞泉の解説

ちんけ

[名・形動]《さいころばくちで「ちん」が一を意味するところから》劣っていること。最低であること。また、そのさま。「ちんけなやつ」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ちんけ

( 形動 )
〔さいころばくちで一の目を「ち」というところから〕
最低であるさま。劣っていてつまらないさま。 「 -な奴やつだ」 「 -な商売」 「 -な服装」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ちんけの関連キーワード稲葉高道(2代)海陸豊ソビエト臭化ナトリウムディアテルミーアルカロイドロートエキススコポラミン蝉退・蟬退アトロピン胃けいれんドーフル散クサノオウパパベリンベラドンナ朱楽菅江内山賀邸チャン朝国民革命唐来参和磯西真喜

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ちんけの関連情報