仏(漢字)

普及版 字通「仏(漢字)」の解説


常用漢字 4画

(旧字)佛
人名用漢字 7画

[字音] ブツ・フツ
[字訓] ほのか・たがう・ほとけ

[説文解字]

[字形] 形声
旧字は佛に作り、弗(ふつ)声。〔説文〕八上に「見ること審(つまび)らかならざるなり」とあり、〔文選、寡婦の賦、李善注〕に引く〔字林〕に「(はう)は相ひ似たるなり。佛は審らかならざるなり」という。「佛」は双声連語の形況の語。ほのかにして定まらぬさまをいう。字はまた彷彿・髣髴に作る。〔詩、周頌、敬之〕に「時(こ)の仔(しけん)(大任)を佛(たす)け 我が顯の行を示す」の佛は弼(ひつ)の仮借。字はのち仏陀の仏の字に用いる。仏陀はbuddhaの音訳、覚者の意であるという。

[訓義]
1. ほのか、かすか、ほの似たり。
2. 払と通じ、もとる、たがう、さからう、ねじる。
3. ほとけ。

[古辞書の訓]
〔新字鏡〕佛 佛なり。或いは髴の字と爲す。釋種なり。の佛を(ふつ)字と爲す。人なり、骨なり、耳なり、王なり。保乃加尓(ほのかに)、、美加太之(みかたし)〔名義抄〕佛 ホノカナリ・ホトケ・オホキニス・タチマチ・タスク/仏 俗の佛字なり 〔字鏡集〕佛 サマタレタリ・オホキナリ・ホノカナリ・タチマチ・ホドコス・タスク・ホトケ

[熟語]
仏衣・仏宇・仏鬱・仏影・仏果・仏界・仏戒・仏閣・仏・仏儀・仏経・仏境・仏吼・仏・仏喝・仏工仏国・仏骨・仏座・仏筴・仏子・仏師・仏祠・仏寺・仏事・仏舎・仏者・仏樹・仏書・仏性・仏乗仏心・仏身・仏籍・仏刹・仏説・仏前・仏然・仏陀・仏諦・仏壇・仏檀・仏智・仏典・仏天・仏殿・仏図・仏土・仏頭・仏堂・仏道・仏徳・仏日・仏・仏法・仏門・仏廬・仏老
[下接語]
一仏・臥仏・活仏・仏・帰仏・古仏・坐仏・事仏・持仏・儒仏・仏・諸仏・成仏・信仏・神仏・石仏・千仏・像仏・大仏・鋳仏・泥仏・仏・佞仏・念仏・排仏・仏・仏・礼仏・露仏

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android