呉[市](読み)くれ

百科事典マイペディア「呉[市]」の解説

呉[市]【くれ】

広島県南部,広島湾東岸と芸予諸島の一部からなる市。1902年市制。呉線が通じる中心市街は1889年海軍鎮守府の設置に始まり,海軍工廠,航空工廠ができて以来,軍都・軍港として発展,第2次大戦中は人口40万人を数えた。戦後産業都市として再出発,1950年以後中心市街,東部の広地区,仁方地区を中心に造船,製鋼,パルプなどの大企業が集中して臨海工業地域となった。在来工業の酒造,やすり工業も盛んで,砥石,万年筆などを特産し,近年は半導体研削切断装置の製造をはじめハイテクノロジー産業への進出が著しい。広島中央テクノポリスの地域指定を受けている。島々の斜面ではミカンを産する。旧軍港跡には海上自衛隊の基地や海上保安大学校がある。音戸大橋の起点警固屋(けごや),芸予諸島航路の起点仁方は内海交通の要地。休山一帯は瀬戸内海国立公園に属する。1995年開学の呉大学や近畿大学工学部がある。2003年4月,安芸郡下蒲刈町と,2004年4月,豊田郡川尻町と合併。2005年3月安芸郡音戸町,倉橋町,蒲刈町,豊田郡安浦町,豊浜町,町を編入。352.80km2。23万9973人(2010)。
→関連項目海上保安大学校

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「呉[市]」の解説

くれ【呉[市]】

広島県中部に位置し,広島湾岸工業地域の一翼をになう重工業都市。1902年市制。人口20万9485(1995)。明治初年まで呉湾に臨む半農半漁の村であったが,1886年第2海軍区軍港の指定を受け,89年呉鎮守府の開庁,1903年呉海軍工廠(こうしよう)の設置などにより軍港,工廠の町として発展し,第2次大戦まで海軍と盛衰をともにしてきた。その間,市域の拡張を進め,人口も最高時に40万人をこえたが,終戦直後に15万人程度に減少した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android