コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

呉[市] くれ

百科事典マイペディアの解説

呉[市]【くれ】

広島県南部,広島湾東岸と芸予諸島の一部からなる市。1902年市制。呉線が通じる中心市街は1889年海軍鎮守府の設置に始まり,海軍工廠,航空工廠ができて以来,軍都・軍港として発展,第2次大戦中は人口40万人を数えた。
→関連項目海上保安大学校

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

くれ【呉[市]】

広島県中部に位置し,広島湾岸工業地域の一翼をになう重工業都市。1902年市制。人口20万9485(1995)。明治初年まで呉湾に臨む半農半漁の村であったが,1886年第2海軍区軍港の指定を受け,89年呉鎮守府の開庁,1903年呉海軍工廠(こうしよう)の設置などにより軍港,工廠の町として発展し,第2次大戦まで海軍と盛衰をともにしてきた。その間,市域の拡張を進め,人口も最高時に40万人をこえたが,終戦直後に15万人程度に減少した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

呉[市]の関連キーワード瀬戸内海国立公園

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android