コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

呉[春秋時代] ご[しゅんじゅうじだい]Wu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

呉[春秋時代]
ご[しゅんじゅうじだい]
Wu

中国,春秋時代諸侯国の一つ (?~前 473) 。周の大王の子,太伯が末弟の季歴 (文王の父) に王位を譲り,荊蛮 (江蘇省方面) に逃げ建国したという伝説がある。本来は漢人とは異なる民族の国と思われる。前6世紀の王,寿夢 (じゅぼう) の頃から中原諸国と交通を始め,その子諸樊 (しょはん) にかけて次第に強力になり,と対立した。闔閭 (こうりょ) のときが最も盛んで楚を討ち,越と争い,春秋五覇の一つに数えられた。闔閭は越王勾践 (こうせん) に敗れて死に,その子の夫差のとき勾践を会稽にくだし,中原に進出して黄池 (河南省封邱県) に諸侯を会し,晋と覇を争ったが (→黄池の会 ) ,やがて復興した越に敗れ滅亡した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android