王(漢字)

普及版 字通「王(漢字)」の解説


常用漢字 4画

[字音] オウ(ワウ)
[字訓] きみ

[説文解字]
[甲骨文]
[金文]
[その他]

[字形] 象形
鉞(まさかり)の刃部を下にしておく形。王位を象徴する儀器。〔説文〕一上に「天下の歸するなり」と帰往の意を以て説くが、音義説にすぎない。字形について、仲舒説として「古の、三畫して其の中をね、之れを王と謂ふ。三なるは天地人なり。而して之れを參するは王なり」とするが、卜文・金文の下画は強く彎曲して、鉞刃の形をなしている。

[訓義]
1. きみ、天子・諸侯、統治者をいう。
2. きみとなる。

[古辞書の訓]
〔名義抄〕王 キミ・オホイナリ・オホキナリ・サカユ・ユク

[部首]
〔説文〕に閏・皇の二字を属する。閏はおそらく壬(じん)声の字。皇は鉞頭を示す王の上に玉飾を施し、その玉飾のかがやくことを示す。王・皇はともに王の儀器である。

[声系]
〔説文〕に王声としての二字を収めるが、(往)と同じく(おう)(王の出行をいう)に従う字、は皇声の字である。

[熟語]
王位・王畏・王翁・王家・王化・王駕・王気・王畿・王基・王躬・王休・王教・王業・王覲・王公・王后王侯・王国・王佐・王師・王事・王子王室・王者・王城・王臣王政王族・王孫・王沢王朝・王庭・王廷・王都・王土・王統・王道・王・王覇・王八・王父・王輔・王母・王民・王命・王遊・王・王猶・王輿・王略・王礼・王霊・王路
[下接語]
花王・今王・勤王・君王・賢王・古王・侯王・後王・皇王・国王・始王・女王・親王・聖王・先王・素王・尊王・大王・哲王・天王・覇王王・辟王・法王・魔王・名王・明王・来王・竜王

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android