鹿島(読み)かしま

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鹿島(愛媛県南宇和郡)
かしま

愛媛県南西部、宇和海にある小島。南宇和郡愛南(あいなん)町に属する。周囲6キロメートル、面積1.3平方キロメートル。足摺宇和海(あしずりうわかい)国立公園に含まれ、宇和海に広がるリアス式海岸、多島海の景観美を代表する。白亜紀の砂岩、頁岩(けつがん)が互層をなし、東西の走向をもつので、これに沿う海食洞(鹿島の穴(うど))がある。サルやシカが生息し、藩政時代には狩猟場であった。自然環境がよく保存され、島の周囲は宇和海海域公園の指定を受けている。サンゴ礁、熱帯魚などがみられ、海中展望船による海底探索やスキューバダイビングが楽しめ、海水浴場やキャンプ場もある。1974年(昭和49)以降無人島化。西海半島の船越(ふなこし)、中泊(なかどまり)から夏季に定期船がある。[深石一夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鹿島の関連情報