サボる

大辞林 第三版の解説

サボる

( 動五 )
〔サボタージュの略「サボ」を動詞化したもの〕
怠けて休む。 「講義を-・る」
[可能] サボれる

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

サボ・る

〘他ラ五(四)〙 (「サボタージュ」の略の「サボ」を動詞化した語) 学業や仕事などやるべきことを怠けること。また、学校の授業や仕事などをずるけて休むこと。
※日本脱出記(1923)〈大杉栄〉外遊雑話「しかし、同盟罷工其者をサボる労働者が、労働団体が、あるのには少々驚かされた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サボるの関連情報