コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

里[日本] り[にほん]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

里[日本]
り[にほん]

律令制の国,郡の下の行政区画単位。 16~20里を大郡,12~15里を上郡,8~11里を中郡,4~7里を下郡,2~3里を小郡とした。里は戸数を標準とし,50戸で構成,里ごとに里長 1人を置き,戸口検校,農桑の課殖,非違の禁察,夫役の催促にあたった。この 50戸1里制は中国の郷党制度にならったもの。里制は当初 30戸1里であったという説もあるが,令規は 50戸1里であり,実態としては 50戸未満の里,50戸をこえた里もあろう。霊亀1 (715) 年里をと改め,さらにその下に里を置く郷里制が発足,郷戸房戸の家族構造と密着したものであったが,行政単位の里は奈良時代末期には消滅し,以後は条里制の土地区画名,距離の単位にみられるようになった (→ ) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android