コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鹿島[町] かしま

7件 の用語解説(鹿島[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

鹿島[町]【かしま】

福島県北東部,浜通り北部の相馬郡の旧町。中心の鹿島は陸前浜街道の旧宿駅で常磐線に沿う。真野川下流域は水田が開け,河口の烏崎(からすざき)は漁村。特産品にナシがある。

鹿島[町]【かしま】

茨城県南東部,鹿島灘に臨む旧町。1995年大野村と合体,名称変更,市制,鹿嶋市となる。

鹿島[町]【かしま】

石川県鹿島郡,能登半島基部にある旧町。邑知(おうち)潟低地帯北東の主集落旧越路町は七尾東街道の宿場町として発達,絹・人絹織物工業が盛ん。米などを産する。東部の石動(せきどう)/(いするぎ)山にあった天平寺はかつて300余の僧坊をもち,僧兵と上杉謙信の戦いで有名。

鹿島[町]【かしま】

島根県北東部,八束(やつか)郡の旧町。島根半島のほぼ中央で,主集落は日本海岸の恵曇(えとも)。バスによる鮮魚行商,水産加工が盛ん。御津(みつ)ではイワシ舟引網漁がみられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

かしま【鹿島[町]】

福島県北東部,相馬郡の町。人口1万3562(1995)。浜通り北部に位置し,太平洋に面する。真野川下流域を占め,西半は阿武隈高地東麓の丘陵地,東半は台地および真野川の沖積地からなる。開発の歴史は古く,《万葉集》に詠まれた真野は町の西部一帯にあたり,寺内には真野古墳群(史)がある。近世は相馬藩七郷の一つ,北郷と呼ばれ,中心の鹿島には陣屋が設けられた。産業は農業が中心で,米を主体に,ナシ,マイタケが特産。

かしま【鹿島[町]】

石川県北部,鹿島郡の町。人口8791(1995)。北東は七尾市,南は富山県に接する。南東は宝達丘陵,北西は邑知潟(おうちがた)地溝帯に属する二宮川,久江川などの扇状地となっている。国道159号線(旧七尾街道)が山麓に沿って走り,帯状に集落が発達する。基幹産業繊維工業と農業だが,かつて隣接の鹿西・鳥屋両町とともに農家の副業として〈能登上布〉の生産が盛んで,後に〈八台織屋〉と称する家内工業が成立,現在の繊維工業の基盤となる。

かしま【鹿島[町]】

島根県北東部,八束(やつか)郡の町。人口8820(1995)。島根半島の中央部に位置し,北は日本海に臨み,南は松江市に接する。日本海に注ぐ佐陀川の河口にある中心集落の恵曇(えとも)は,東部の御津(みつ)とともに漁業集落として発展し,魚市場や冷凍設備があり,県東部の漁業中心地になっている。かまぼこや缶詰の製造など水産加工業が盛んで,鮮魚行商の従事者が多い。宍道(しんじ)湖と日本海を結ぶ佐陀川は1788年(天明8)排水や灌漑用水として開削されたもので,舟運により松江と結ばれていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

鹿島[町]の関連キーワード出雲中海平田松江平野八束松江八束鬚八束穂鈴木八束藤原八束

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone