コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

じゃらじゃら ジャラジャラ

デジタル大辞泉の解説

じゃら‐じゃら

[副](スル)
金属などの硬くて小さい物がたくさん触れ合ってたてる音を表す語。「ポケットの小銭をじゃらじゃらさせる」
なまめかしく、いやらしい感じがするさま。だらしなく戯(じゃ)れかかるさま。でれでれ。「じゃらじゃらとしなだれかかる」「人前でじゃらじゃらする」
べらべらと無駄口をたたくさま。
「若い手代をとらへては―とてんがう口」〈浮・娘気質・三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じゃらじゃら

( 副 ) スル
小さな硬い物がたくさん触れ合って立てる音を表す語。 「小銭が-する」
だらしなくふざけかかって、いやらしいさま。でれでれ。 「人前で-するな」
無駄口をたたくさま。べらべら。 「 -言はずと、きり〱おこしや/歌舞伎・幼稚子敵討」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

じゃらじゃらの関連キーワードじゃら付くじゃらつくじゃらくら言わせる無駄口白い

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android