コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゆっくり ユックリ

デジタル大辞泉の解説

ゆっくり

[副](スル)
動作が遅いさま。「ゆっくり(と)腰を上げる」「ゆっくり(と)話す」
時間的にゆとりがあるさま。「今から行けば電車にゆっくり間に合う」「一度ゆっくりお話ししたい」
気持ちにゆとりのあるさま。「風呂に入ってゆっくりする」
[用法]ゆっくり・のんびり――「ゆっくり(のんびり)した足どり」のように速くはないの、「久しぶりにゆっくり(のんびり)する」のように気楽なさまの意などでは相通じて用いられる。◇「ゆっくり」は、「今晩ゆっくり考える」「ゆっくり間に合う」「ふたりでもゆっくり座れる椅子」など、急がず時間をかけて行う意や、時間的・空間的余裕がある意に多く用いられる。◇「のんびり」は、「のんびり育つ」「のんびり暮らす」「のんびりした風景」など、こせついたところがなく、のどかなようすである意に重点がある。◇類似の語に「のろのろ」「そろそろ」がある。「のろのろ」は「のろのろ(と)起き上がる」のように、たいそう遅いさまを表し、「そろそろ」は「腰を痛めてそろそろ(と)歩く」のように承知して遅く行動する意を表す。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ゆっくり

( 副 ) スル
急がないさま。 「 -(と)立ち上がる」 「 -した口調」
十分ゆとりのあるさま。楽に。 「どうぞ、ご-して下さい」 「 -間に合う」
ゆとりがあって気持ちのよいさま。 「わが家で-(と)寝る」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ゆっくりの関連キーワードサティ:3つのジムノペディ/piano soloリタルダンド[ritardando(伊)]フェスティーナレンテクルーズファッション練り足・練足・邌足みずがめ座δ流星群夜道に日は暮れないワールドロペットスローモーションチャンドラー揺動スロー&ステディスロースリップ尻を落ち着けるぐらりぐらりのろのろ運転手足を伸ばすオーベルジュふらりふらりスローペースラガービール

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ゆっくりの関連情報