発(漢字)

普及版 字通「発(漢字)」の解説


常用漢字 9画

(旧字)發
12画

[字音] ハツ・ホツ
[字訓] ゆみいる・すすむ・おこる・あばく

[説文解字]
[金文]

[字形] 会意
旧字は發に作り、(はつ)+弓+殳(しゆ)。は両足を開いて立つ姿勢、下部は弓を射る形。開戦に先だってまず弓を放つ意。〔説文〕十二下に「(しや)、發するなり」と発射の意とするが、發には発動の意がある。それで軍を発し、また発揮・発明のようにもいう。内より発するを発憤、ことあらわれるを発覚、にわかに起こるを発狂・発作という。

[訓義]
1. いる、ゆみいる、矢をはなつ。
2. すすむ、ゆく、たちいでる、つかわす。
3. おこる、はじめる、のびる、うごく。
4. あらわれる、ひらく、もれる。
5. あばく、あきらかにする。
6. ちる、みだれる。
7. 撥(はつ)と通じ、はねる、すき起こす。

[古辞書の訓]
〔名義抄〕發 オコル・ヱメリ 〔字鏡集〕發 ヲゴク・ハナツ・ススム・アラハス・オコル・ヒラク・ノブ・アキラカ・アバク・アラハル・オコナフ・ユク・ムカフ・オコス・アク

[声系]
〔説文〕に發声として・癈・廢(廃)・撥など、六字を収める。發の声義を承けるものが多い。

[語系]
發piuat、bhuatは声義近く、(はつ)は足を開いて進発する形、發は弓を発する形。撥puat、biutは、力を加えてものを動かす意。(八)petはものを両分する意で、孛but、piuatは草花の咲き開くことをいう。骨節を分かつことを別biatといい、これらはみな一系の語である。

[熟語]
発哀・発威・発育・発引・発鬱・発越・発屋・発芽・発覚・発姦・発緘・発揮・発輝・発機・発義発議・発急発給・発狂・発掘・発掘・発・発見・発言・発口・発功・発光・発興・発号・発刻・発昏・発作・発歳・発財・発策・発散・発市・発矢・発視・発字・発車・発射・発首発出・発春・発舒・発蹤・発抄・発祥・発笑・発照・発燭・発身・発信・発疹・発軫・発賑・発・発生・発声・発迹・発夕・発石・発跡・発泄・発洩・発籤・発疽・発送・発倉・発喪・発想・発藻・発足・発粟・発達・発端・発談・発冢・発塚・発徴・発暢・発程・発剔・発摘・発・発撤・発展・発伝・発帑・発怒・発動・発難・発配・発白・発発・発凡・発病・発表発布・発伏・発覆・発聞・発憤発奮・発兵・発幣・発墓・発墨・発明・発・発・発問・発諭発揚・発・発落・発流・発廩・発令・発斂発露・発論・発起・発心
[下接語]
一発・英発・映発・艶発・罅発・華発・開発・活発・渙発・煥発・感発・起発・揮発・急発・虚発・偶発・啓発・警発・激発・告発・墾発・再発・散発自発・秀発・出発・初発・蒸発・觸発・晨発・震発・先発・早発・即発・結発・挑発・徴発・摘発・弩発・洞発・突発・爆発・反発・畢発・表発・不発・賦発・風発・奮発併発暴発勃発・未発・明発・雄発・誘発・雷発・乱発・利発・連発

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android