高島[町](読み)たかしま

百科事典マイペディアの解説

高島[町]【たかしま】

滋賀県,琵琶湖西部,高島郡の旧町。比良山地東斜面と鴨川流域の沖積平野にまたがり,米作が盛んで,麦,大豆の栽培も行われる。湖西線が通じる。1993年に琵琶湖がラムサール条約登録湿地となる。2005年1月高島郡マキノ町,今津町,安曇川町,新旭町,朽木村と合併し市制高島市となる。63.20km2。7145人(2003)。

高島[町]【たかしま】

長崎県南部,西彼杵(にしそのぎ)郡の旧町。長崎半島西方の高島と端島(はしま)などからなり,長崎市定期船で連絡。高島は1868年日本で初めて近代的採炭が行われた地で,良質炭を産したが,1986年閉山。端島は高層のアパートが多く,軍艦島ともいったが,端島鉱は1974年閉山。飲料水は対岸の三和町(現・長崎市)から海底水道で送水。2005年1月西彼杵郡香焼町,伊王島町,野母崎町,三和町,外海町と長崎市へ編入。1.27km2。904人(2003)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たかしま【高島[町]】

滋賀県西部,高島郡の町。人口7012(1995)。琵琶湖西岸に位置し,比良地の東斜面と鴨川沿いの沖積平野からなる。中心集落の勝野は,織田信長のおい信澄が築いた大溝城の旧城下町で,江戸時代は大溝藩分部氏2万石の陣屋が置かれた。現在も陣屋の総門などが残り,城下町のおもかげを伝えている。米作農業が中心で,特産の〈高島カンラン〉など野菜栽培も盛んである。1974年湖西線が開通し,京阪方面から湖岸に訪れる人が多い。

たかしま【高島[町]】

長崎県南部,長崎半島の西沖合に浮かぶ高島,端島(はしま)(軍艦島),中ノ島飛島の4島からなる町で,西彼杵(にしそのぎ)郡に属する。高島以外の島は無人島で,高島は面積わずか1.36km2の石炭の島である。人口1019(1995)。1695年(元禄8)鍋島家の下僕であった深堀村(長崎半島西岸)の五平太野焼きをしているとき,黒い石が燃えるのに気づき,この燃える石(石炭)の採掘を行ったのが高島炭田の始まりといわれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android