コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

がん(犬・猫の) がん/いぬねこのがんcancer

翻訳|cancer

知恵蔵の解説

がん(犬・猫の)

がんとは悪性腫瘍全般を指す用語である。腫瘍は新生物とも呼ばれ、生体の細胞が無目的、無制限に増殖を続けるもので、このうち悪性のものは生体にとって重大な影響を及ぼし、死に至らしめることも多い。最近では、ワクチンによる感染症予防が徹底し、ペットフードの普及で栄養状態が良好になり、ペットの寿命が延長している。がんは一般に老齢動物に発生することが多いため、ペットの死因としてもがんが目立つようになってきている。動物のがんと人間のがんの間には本質的な違いはなく、人間がなり得るほとんどのがんが、動物でも見られる。診断法、治療法も最近では人間の医療に近付いている。

(石田卓夫 日本臨床獣医学フォーラム代表 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

がん(犬・猫の)の関連キーワードがんの病期による外科療法の割合北海道がん対策推進条例喉頭(こうとう)がんがん対策情報センター増え続ける前立腺がんがん発生のメカニズムがんのホルモン療法肝がんのいろいろ肺がんの早期発見ファイブエフユーがん抑制遺伝子がんの自覚症状肺がんの組織型アービタックスがんの動注療法遺伝(がんの)子宮がん検診抗発がん物質がん集団検診ロックウール

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android