普及版 字通 「原」の読み・字形・画数・意味


常用漢字 10画

(異体字)源
13画

[字音] ゲン
[字訓] みなもと・はら

[説文解字]
[金文]

[字形] 象形
古文の字形に作り、厂(がん)(巌)下に三泉の流れ出る形。〔説文十一下に「は水泉、本なり」とあり、水のわき出る水源をいう。それより原始・原委の意となる。平原の原はもとに作り、狩猟を行うときの予祝儀礼を示し、水源の原とは別の字である。原を原野の意に用いるに及んで、のち源の字を用いる。

[訓義]
1. みなもと、巌の間から水の垂れ流れるところ。
2. もと、はじめ、根本、根原。
3. もとづく、たずねる。
4. はら、原野。もとに作る。のはら、耕作地。
5. 愿と通じ、つつしむ、すなお。
6. ゆるす、のぞく、ふたたび。

[古辞書の訓]
和名抄〕原 波良(はら) 〔字鏡〕原 トコロ・ハカル・タヅネミレバ・ハラ・ユルス・オモムミレバ・モシ・タヅヌ・マヌカル・ムツヌ・アラハル・ハジメ・ハジマル・ユルキ

[声系]
〔説文〕に原声として願・愿など八字を収めるが、泉源の意の声義をとるものはない。

[語系]
原・元・願・愿ngiuanは同声。原・元は原始・始元の意があり、同系の語と思われる。願は〔説文〕九上に「大頭なり」とあって、元に近い意がある。また愿も同声で、原をその義に通じて用いる。

[熟語]
原案・原意・原委・原因・原価・原活原銜・原窮・原契・原遣・原巻・原降・原稿原告・原差・原罪・原察・原始原赦原隰原書・原恕・原除・原省・原情・原上・原心・原審原人・原籍・原雪・原泉・原洗・原則・原貸・原度・原点・原田・原頭・原原動・原任・原配・原品原文原簿・原放・原夢・原謀原本・原免・原野・原埜・原由・原宥・原来・原理・原陸・原流・原料
[下接語]
淵原・起原・丘原・郷原・権原・語原・荒原・高原・曠原・根原・始原・湿原雪原・川原・草原・中原・氷原復原・平原・原・野原・燎原


20画

(異体字)原
10画

[字音] ゲン
[字訓] はら

[説文解字]
[金文]

[字形] 形声
声符は(げん)。は〔説文〕にみえず、字条二下に「高の野なり。人の登るなり」とし、字形を「(ちやく)・(ろく)に從ふ。闕」として説解を加えていない。は夂(ち)と田とに分かつべく、田は畢(あみ)、は牲獣。狩猟に当たって畢に犠牲をそえて祈り、夂は上より神霊の降る意。すなわちは狩猟の成功を祈る儀礼で、それは狩場である原野で行われた。「高の野」とはその狩場をいう。〔周礼、夏官〕に「師」の職があり、その地を管理する。のち原をその字に用いるが、原はもとに作り、水源をいう字である。

[訓義]
1. 高平の地、狩場。
2. はら、のはら。

[古辞書の訓]
〔字鏡集〕 ハラ

[熟語]

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

タコノキ

タコノキ科の常緑高木。小笠原諸島に特産する。幹は直立して太い枝をまばらに斜上し,下部には多数の太い気根がある。葉は幹の頂上に密生し,長さ1〜2m,幅約7cmで,先は細くとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)...

タコノキの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android