契約(法律)(読み)けいやく

百科事典マイペディアの解説

契約(法律)【けいやく】

(1)私法上,相対立する2個以上の意思表示の合致した法律行為。この意思表示が申込みと承諾と呼ばれる。普通には債権の発生を目的とする債権契約をさすが,広義には身分法上の合意や物権契約も含まれる。契約は,典型契約(有名契約)・非典型契約(無名契約),双務契約片務契約,有償契約・無償契約,諾成契約・要物契約などに分類される。近代法は〈契約自由の原則〉を認める。(2)公法上の効果の発生を目的とする契約を〈公法上の契約〉という。たとえば,ガス・電気事業などの経営者と市町村との間での報償契約など。行政行為の一種であるとされる。→契約解除
→関連項目委任債権不法行為

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android