コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山田[村] やまだ

1件 の用語解説(山田[村]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

やまだ【山田[村]】

富山県中部,婦負(ねい)郡の村。人口2200(1995)。飛驒高地から続く山地が大部分を占め,中央を神通川の支流山田川が北流する。近世には加賀藩領を経て,1639年(寛永16)以後は富山藩領であった。宿坊(すくぼう)は近世南方の金剛堂山への修験者の宿坊があった地である。第2次大戦後,人口流出が著しく,25あった集落のうち4集落が廃村となった。1962年から県営事業により開田が進められたが,土木工事の日雇いが主な収入源である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

山田[村]の関連キーワード小金井富山滑川氷見厚木石坂豊一小松義久甚左衛門(2)寺島牛之助八町村善左衛門

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone