源(漢字)

普及版 字通「源(漢字)」の解説


常用漢字 13画

(異体字)原
10画

[字音] ゲン
[字訓] みなもと

[説文解字]
[金文]

[字形] 形声
声符は原(げん)。原の古文の字形に作り、厂(かん)(崖)から泉が垂水として流れ出る形で、水源を示し、源の初文。それで原泉・原始・原由の意がある。のち原が野(げんや)のの意に転用されるに及んで、形声字の源が作られた。は狩猟の地をいう。漢碑には原野の原と水源の源とを、区別して用いている。

[訓義]
1. みなもと、水源。
2. 原が源のもとの字。ゆえに原を源と同じく原由の意に用いる。

[古辞書の訓]
名義抄〕源 ミナモト・モト・アツシ・タヅヌ

[熟語]
源委・源淵・源源・源泉・源頭・源本・源由源瀾源流
[下接語]
淵源・起源・語源光源根源財源・策源・資源・字源震源・水源・仙源・泉源・源・源・塞源・桃源・発源・病源・本源

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android