きょろきょろ(読み)キョロキョロ

デジタル大辞泉の解説

きょろ‐きょろ

[副](スル)落ち着きなく、絶えずあたりを見まわすさま。「物珍しげにきょろきょろ(と)まわりを見る」「授業中にきょろきょろするな」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

きょろ‐きょろ

〘副〙 (「と」を伴って用いることもある) うろたえなどして、そわそわと落ち着かないさま、また、落ち着かない様子であたりを見まわすさまを表わす語。
※評判記・満散利久佐(1656)小藤「二人ながら、こちのことかと、きょろきょろとするけしき、猶以、あしし」
※人情本・春情花の朧夜(1860頃か)初「散眼(キョロ)々々とあたりを窺ふ衿元を」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報